市川市

行徳ふれあい伝承館

旧浅子神輿店店舗兼主屋と休憩所から成り、神輿をはじめとする行徳の歴史や文化を紹介し、地域の魅力を発信する施設です。

旧浅子神輿店と
行徳

近世中期から近代にかけて製塩と船運で栄え、寺社の町でもある行徳において、神輿造りは地場産業でした。旧浅子神輿店ではそのなかのひとつです。
行徳の文化を語る上で貴重な歴史的建造物を保存・活用するために平成21年(2009)に市川市が取得しました。

浅子周慶について

 旧浅子神輿店の創業は室町時代と末期と伝えられ、当主は代々「浅子周慶」を襲名し、神仏具の製作を家業としていました。仏師としての技術を用いて神輿の製作をはじめたのは明治に入ってからのことです。
 主屋では浅子周慶作の神輿や行徳にゆかりのある資料を公開します。



休憩所

 旧浅子神輿店の工場であった主屋向かいの跡地に建てられています。
主屋を見学したり行徳を散策したときなど、どなたでも自由に休憩できるスペースです。また、厨房「お休み処」では、うどん・カレーなどの軽食やコーヒー・甘味などをお楽しみいただけます。
休憩所内には、地元の方による写真・絵・小物などの展示も行っています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。 

行徳ふれあい伝承館
アクセス

〒272-0103
千葉県市川市本行徳35番7号
(主屋)
TEL 047-314-8177

●開館時間
10時〜17時
●休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
 ※ 休憩所内のお休み処は火曜日休業です
年末年始(12月28日〜1月4日)
●入館料
無料